膵臓が分泌する酵素と糖尿病

人の生命活動は、食物を摂取して消化を行って、エネルギーに転換することで成り立っています。
この人が行う消化のうちで、口の咀嚼運動を除いては、消化酵素が大きな役割を担っているのです。
消化酵素は、多様な臓器から分泌されますが、問題視されている糖尿病とも、密接な関係があります。

糖尿病の原因となるのは、膵臓から分泌される、インスリンという酵素です。
インスリンは、人間の生命活動において、エネルギーの源となる、糖分の消化を担当しています。
糖尿病においては、この膵臓が分泌するインスリンの分泌量が、少なくなってしまうのです。

糖尿病には、先天型の1型と後天型2型に分類されますが、そのほとんどは後天型の2型になります。
2型糖尿病の原因に関しては、明確に解明されていません。
しかし、暴飲暴食などの生活習慣が、関与することが指摘されています。

そのため、まず食生活を見直すことが必要です。
例えば、夜寝る前のカロリーの高い食品を、意識的に減らすことも、膵臓への負担を減らします。

また、ある程度の運動を、生活習慣に取り入れることも有効です。
運動をしますと、体内のカロリー消費を促進してくれるので、食生活の改善と併せて行うと効果的です。

オススメの酵素サプリメント「まあるい旬生酵素」はこちら。
まあるい旬生酵素はサプリメントなので、外出先でも手軽に酵素が摂れます。