予防するために血管を強化することが大切

健康

年間およそ10万人の人が突然死と呼ばれている病気で亡くなっていると知りました。
私たちの身近でも起こり易いとわかりました。
入浴中に起こりやすく交通事故の約5倍起こっていて1万7000人が事故に遭っていてなかでも5000人ぐらいの人が溺れていると知りました。

急激な血圧の上昇と急降下が起こりやすく脳の血流が悪化して失神してしまうことがあるそうです。
それが起こり易いかどうかのチェックがありました。

  • 熱い風呂が好き
  • 負けず嫌い
  • 食べるのが早い
  • 運動不足
  • 早口でせっかち

など一つでも当てはまったら突然死になる可能性が高いそうです。
予防するために血管を強化することが大切です。
血管強化料理と呼ばれるものがあります。
血管をしなやかに開くにはアマニ油、青魚、血管のさびつきを押さえるものとしてニンニク、ブロッコリー、トマト、そのほかには玉ねぎ、牛肉、チーズ、そばが良いです。

動脈硬化を予防するのに役立つ食材についてです。
動脈硬化の予防に役立つ成分としてEPA、エイコサペンタエン酸が大事です。
マグロ、金目鯛、マダコ、カツオ、マイワシ、サンマ、クルマエビ、ブリで含有量が最も多いのはマグロの脂身です。

お寿司でいうとトロです。他にはブリ、イワシ、サンマなどが多いそうです。
カツオは初鰹より戻り鰹の方が脂がのってEPAが多いそうです。

目に良い食材としてブルーベリー、ほうれん草、鮭が良いそうです。
ブルーベリーは、紫の色素のアントシアニンが豊富で眼精疲労に効果があり、ほうれん草はbカロテンが豊富でドライアイ症状の軽減、白内障予防、鮭は赤い色素のアスタキサンチンが豊富で近視の視力回復、目の老化防止、疲れ目解消に効果があります。